ボードセーリング

ウインドサーフィン(ボードセーリング)は風を受けて水上を走るマリンスポーツである。サーフボードを大きめにしてヨットに見られる帆を乗せた物と表現すればイメージが沸くだろうか。
沖縄の空と海、両方の素晴らしさを実感できる良いアクティビティーのひとつがパラセーリングです。本島の中央部に位置する恩納村や北端の瀬底島、中心部に位置する那覇、西方のケラマでの華やかなパラセーリングを低価格で楽しんでください。
ダイビングを開始するのにお年の定められたものは一切ありません。喜寿を超えてもダイビングをとことん楽しんでいる方はかなり見受けられます。

 

沖縄らしい場所といえば外せないのが海!何種類もの青で塗られたような海の中を、沖縄ならではの鮮明なカラーで華麗な魚たちと共に泳ぐ体験は永遠に忘れられない経験になるでしょう。
那覇から近い港より8時前後に出発し、ダイビングボートに乗って慶良間地域のポインまでたどり着いて、2〜3回のダイビングを終えて、日没までには宿に戻るツアーが主流です。
沖縄県那覇市から西方約15kmのチービシ環礁は神山島、クエフ島、ナガンヌ島の3島のことを指し、最も広い島がナガンヌ島なのです。完璧な対照的な風景を見せる壮麗な島です。

 

沖縄は地域がら春・夏・秋・冬の季節に影響されることなく年間を通してダイビングを楽しめます。

訪れた季節ごとに波の状況が変わり、面白いことに海のコンディションにより見るところが当然変えていきます。
バリの美しい海で疾走感を体験する!体力のある方に最適なのが水上スキー!バリ島で潮風の中で、激しく海を駆けるのは特に気持ちが良いものです。
希少なクジラの感動的な演出をこの目で確認したい!というクジラファン向けのイベントが、短時間のクルージングで進む充実したホエールウォッチングです。
「ずいぶん長くダイビングをやっていない」、「何とかまた綺麗な海に潜りたいけど、うまくできるか不安だなあ。」とお考えのダイバ ー専門の講習もあるようです。

 

山原(やんばる)の森ではまだ小さかった頃、嬉しい夏休みに田舎で日が暮れるまで遊んだ懐かしい情景を鮮明に思い出します。水遊びして服を泥んこにして胸をときめかせていた遠い記憶。
ビギナーズダイビングなら、何の不安も抱くことなく海の中をのんびりと進むことが体験できます。何の不安も抱くことない代わりに、入水ポイントや深さおよび滞在時間などに規制がありますが。いずれにしてもやってみましょう。
潜りがあんまりうまくできないケースでも、責任者が水中に耐えられるかということの事前ヒアリングを実施するので、潜りの苦手な方はどうぞ相談なさってください。
潜水時の保温と保護の役目を果たす海用スーツは、それが持っている機能性を果たすことが目的なので、何としてでもご自身にあったダイビング用スーツを手にすることを推奨します。
一部のダイバーショップでは気軽にダイビングをやっていただきたいと思って、器材や関連道具の保管ルームサービスをやっています。海に潜る時はそれこそ何も持たずに来ても潜れますよ!